お問い合わせ・ご予約

初診予約

050-7302-5423

再診予約・その他

042-795-6718

   
     

なぜ歯周病になると歯が抜けるのですか?|町田市小川の歯医者|高村歯科医院

         高村歯科医院
         高村歯科医院へのお問い合わせ:042-795-6718
           

なぜ歯周病になると歯が抜けるのですか?

東京都町田市の歯医者さん、タカムラ歯科医院です。
今回のテーマは「歯周病になると歯が抜ける理由」です。
歯周病になると最終的には歯が抜けてしまい、実際に歯を失う要因として最も多い病気です。

「静かなる病気」と呼ばれる歯周病は虫歯のように進行を把握しにくく、
そのためいつの間にか重症化して歯を失ってしまう人が多いのです。
しかし、そもそもなぜ歯周病になると歯が抜けてしまうのでしょうか。

歯周病で歯が抜けるのはなぜか

歯周病の予防方法の基本が歯磨きであることから、歯周病は歯の病気と思っている人も多いでしょう。
しかし歯周病は歯の病気ではなく、歯の周り…すなわち歯の骨の病気です。
歯周病になると歯肉が炎症を起こしますが、進行することで歯周病菌はさらに悪さをします。

歯周ポケットの深くまで進行した歯周病菌は、顎の骨を溶かしてしまうのです。
この顎の骨は歯槽骨と呼ばれる骨で、歯にとって支えとなる役割を担っています。
このため、歯槽骨が溶かされることは歯が支えを失うことを意味します。

支えを失った歯は土台のぬかるんだ建築物に等しい状態となり、不安定になってグラつきます。
そして、支えを完全に失うことで歯は抜け落ちてしまうのです。
つまり歯周病で歯が抜けるのは、歯周病の進行によって支えとなる歯槽骨が溶かされるためです。

歯周病を治すには

歯周病を治すには歯科医院で治療することです。
正確には、初期の歯周病であれば自身による完全なプラークコントロールで治せますが、
歯石がある場合は歯科医院でしか除去できないですし、その意味で歯科医院での治療を必要と考えましょう。

さて、歯科医院での歯周病の治療方法ですが、やはり基本は口の中を綺麗にすることです。
専用の医療器具で歯石を除去、さらには患者さんによるプラークコントロールも必要なため、
そのための効果的な歯磨きの仕方や生活習慣における注意や指導をします。

ただし歯周病が進行している場合、歯周ポケットが深くて従来の方法では歯石を除去できないことがあり、
その際は歯肉を切開して歯の根を露出させ、歯周ポケットに溜まった歯石を直接除去しなければなりません。
また、重症化した歯周病だと歯を残せないこともあり、歯周病の進行度によって治療内容は異なります。

歯周病で歯が抜けた場合

歯周病で歯が抜けた場合、そのままにしておくと隣接している歯が傾くなどの問題が起こるため、
歯周病を治療した後、失った歯への対処もしなければなりません。
対処としては3つの方法があり、入れ歯、ブリッジ、インプラントの選択です。

入れ歯は治療方法が簡単な上、保険診療のものなら費用が安いためお手軽さがメリットです。
ただし歯としての再現度は決して高くなる、咬合力においては天然の歯の半分にも満たないですし、
取り外しての洗浄が必要なため、天然の歯に比べると不自由な点は多々あるでしょう。

ブリッジは隣接する歯を架け橋とするため、歯の状態によってブリッジ自体が不可能、
もしくは歯を削らなければならない可能性があります。そしてインプラントは歯としての再現度は高い反面、
治療において手術が必要となりますし、治療費も1本につき30万円ほどかかることもあります。

歯周病の予防方法

歯周病を予防するための基本は歯磨きですが、プラークの除去率が低い歯磨きでは効果が低く、
デンタルフロスや歯間ブラシを使っての精密な歯磨きが必要です。
歯磨きの技術を高めるには定期検診でブラッシング指導を受けるのが効果的です。

また歯周病は生活習慣病ですから、日常生活の中にも発症のリスクを高める要因がいくつもあり、
例えば疲労やストレスによる身体の免疫力低下、喫煙などは避けなければなりません。
身体の免疫力低下は歯周病菌に感染するリスクが高まりますし、喫煙においても同様です。

さらに定期検診を受けることも効果的で、定期検診を受ければ歯周病の予防効果が高まるだけでなく、
歯周病になった時もそれを早期発見して重症化を防ぐことができます。
「静かなる病気」と呼ばれる歯周病を早期発見して早期治療するには、定期検診の受診は欠かせません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病になると歯が抜ける理由についてまとめます。

1. 歯周病で歯が抜けるのはなぜか :歯周病の進行によって歯を支えている歯槽骨が溶かされるため
2. 歯周病を治すには :歯科医院での治療が必要。治療の基本は歯石の除去など、口の中を綺麗にすること
3. 歯周病で歯が抜けた場合 :歯周病を治した後、入れ歯、ブリッジ、インプラントの選択となる
4. 歯周病の予防方法 :精密な歯磨き、生活習慣の改善、歯科医院での定期検診

これら4つのことから、歯周病になると歯が抜ける理由について分かります。
初期の歯周病では歯肉に炎症が起こるものの、特に痛みを感じることはありません。
このため歯周病は虫歯のような怖さはないと考える人もいるのですが、それは大きな間違いです。
歯周病は治療しなければ進行し、最終的には歯槽骨を溶かして歯が抜け落ちてしまうのです。

   

こんなお悩みはありませんか?

悪いところを治したい方

歯が痛い・しみる

歯肉が痛い・出血

歯がぐらつく

口臭が気になる

詰め物・被せものがとれた

歯が欠けた・抜けた

入れ歯が合わない

悪くならないように予防したい方

虫歯を防ぎたい

歯周病を防ぎたい

歯の摩耗・咬耗を防ぎたい

今よりももっと良くしたい

歯・歯肉の色が気になる

歯並びが気になる

肩・肩こりがする

PAGE TOP