お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

042-795-6718

   
     

子供が歯医者嫌いで困っています。虫歯治療は一般歯科よりも小児歯科の方が痛くないですか?|町田市小川の歯医者|高村歯科医院

         高村歯科医院
         高村歯科医院へのお問い合わせ:042-795-6718
           

子供が歯医者嫌いで困っています。虫歯治療は一般歯科よりも小児歯科の方が痛くないですか?

東京都町田市の歯医者さん、タカムラ歯科医院です。
今回のテーマは「子供が小児歯科に通うメリット」です。
小さな子供を持つ両親は、自分よりも子供が歯科医院に行くことの方が大変だと思います。

子供にとって歯科医院は恐怖の対象となっていることが多く、治療を嫌がる子供は多いでしょう。
ちなみに、子供の虫歯治療となると一般歯科以外にも小児歯科に行く選択肢がありますが、
子供の虫歯治療は小児歯科で行った方が良いのでしょうか。

子供の虫歯治療について

結論から言うと、子供の虫歯治療は小児歯科で行った方が良いでしょう。
もっとも、一般歯科でも子供の虫歯治療に対応できますが、
小児歯科では子供の歯の成長を考慮した治療を心掛けています。

そのため予防治療にも力を入れており、治療後のケアを考えると小児歯科の方がメリットは多いのです。
あくまで一般論ですが、一般歯科の場合は「患者の虫歯を治す」の治療計画を立てる一方、
小児歯科の場合は「子供の虫歯を治す」の治療計画を立てるため、子供に合った治療方針で進めていきます。

恐怖の緩和

治療の痛みには個人差があるため、「小児歯科なら痛くない」と断言はできませんが、
子供の場合は痛みよりも恐怖の気持ちによって歯科医院を嫌がっているケースが多いですね。

その点で考えれば、子供の虫歯治療は小児歯科で行った方が良いでしょう。
と言うのも、小児歯科では子供の恐怖心をやわらげる工夫が多数なされているからです。

・歯科医院には思えない温かみのある外装・内装
・キッズコーナーの充実
・治療後のガチャガチャなどのサービス
・待合室にいる親から子供の治療する姿が見える

あくまでこれらは一例なので、全ての小児歯科で導入されているわけではありませんが、
小児歯科ではこのような工夫によって子供が楽しく感じられる歯科医院づくりに努めています。

予防治療の充実

小児歯科では、子供の虫歯に対して「治す」よりも「予防する」の考えを大切にしており、
そのため治療後のことを考えるとやはり小児歯科での治療がおすすめです。
予防治療としては、例えば次の治療が挙げられます。

フッ素塗布

フッ素を塗布して、虫歯菌の出す酸に溶かされにくい強い歯を作ります。
フッ素は歯磨き粉にも配合されていますが、フッ素で使用するフッ素はより濃度が高いものになります。

シーラント

奥歯の溝をプラスチックで覆い、虫歯菌の侵入を防ぎます。
プラスチックは身体に無害なので飲み込んでも問題なく、時間の経過で自然に溶けていきます。

ブラッシング指導

正しい歯磨きの仕方を医師から教わることができます。
子供の場合は仕上げも必要なので、親向けに正しい仕上げの仕方の指導も行っています。

小児歯科の対象年齢

子供の年齢が小学校の高学年くらいになると、小児歯科に行って良いのか迷ってしまう人もいます。
そこでお答えすると、小児歯科に明確な年齢制限はありません。
と言うのも、小児歯科は成長期の子供を対象にしているからで、成長期が終わる時期には個人差があります。

一般的に考えれば、永久歯が生えそろうのが中学生くらいの時期になりますから、
それくらいの年齢…つまり15歳くらいまでを対象として解釈すれば間違いないでしょう。
もっとも、そのくらいの年齢になると子供も自分で一般歯科に行くケースが多いです。

子供の虫歯を予防するには

子供の虫歯を治すことは大切ですが、それ以上に大切なのは予防することです。
とは言え、小さな子供が自分の考えで虫歯を予防するのは難しく、親は次のことを実践してあげましょう。

歯磨きの時に仕上げをする

子供は歯磨きの技術が未熟なため、どうしても磨き残しが多くなってしまいます。
そのため、親は子供が歯磨きする時に仕上げをしてあげましょう。
仕上げをしてあげれば磨き残しが減りますし、何より子供が歯磨きの大切さを学びます。

食生活に注意する

子供は甘いお菓子が大好きなため、糖の含まれたお菓子を控えさせることが大切です。
また、食事の時にダラダラ食いをさせると虫歯になりやすく、
食事に集中できないようなら食事中はテレビを消すのも一つの方法です。

定期的に小児歯科に通う

上記で解説したとおり、小児歯科では子供の虫歯を予防するための治療を行っています。
フッ素塗布やシーラントは自宅ではできない予防治療ですし、
小児歯科に通うことで虫歯の有無も確認できるため、例え虫歯が発症しても重症化を防げます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、子供が小児歯科に通うメリットについてまとめます。

1. 子供の虫歯治療について :小児歯科では、子供の歯の成長を考慮して治療計画を立てている
2. 恐怖の緩和 :外装・内装・設備など、小児歯科は子供が楽しく感じられる工夫をしている
3. 予防治療の充実 :小児歯科では、フッ素塗布やシーラントなど虫歯の予防治療も充実している
4. 小児歯科の対象年齢 :目安は中学生くらいで、永久歯が生えそろうまでと考えると分かりやすい
5. 子供の虫歯を予防するには :歯磨きの時に仕上げをする、食生活に注意する、定期的に小児歯科に通う

これら5つのことから、子供が小児歯科に通うメリットについて分かります。
小さな子供でも一般歯科で対応できますが、子供の恐怖心や緊張を考えると小児歯科の方が良いでしょう。
また、小児歯科なら子供の歯の成長を考えた治療計画を立てますし、予防治療も充実しています。
一般歯科に行くのがダメなわけではないですが、メリットを考えれば小児歯科に行くことをおすすめします。

   

こんなお悩みはありませんか?

悪いところを治したい方

歯が痛い・しみる

歯肉が痛い・出血

歯がぐらつく

口臭が気になる

詰め物・被せものがとれた

歯が欠けた・抜けた

入れ歯が合わない

悪くならないように予防したい方

虫歯を防ぎたい

歯周病を防ぎたい

歯の摩耗・咬耗を防ぎたい

今よりももっと良くしたい

歯・歯肉の色が気になる

歯並びが気になる

肩・肩こりがする

PAGE TOP