お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

042-795-6718

   
     

子どもの虫歯の原因と予防方法|町田市小川の歯医者|高村歯科医院

         高村歯科医院
高村歯科医院へのお問い合わせ:042-795-6718
初診専用WEB予約バナー
           

子どもの虫歯の原因と予防方法

こんにちは。
東京都町田市の歯医者さん、タカムラ歯科医院です。
今回は子どもの虫歯予防についてお伝えしていきます。

一般的に子どもは大人と比べると虫歯になりやすいと言われています。
だからといって虫歯になっても仕方ないと諦めるのではなく、なぜ虫歯になりやすいのかその原因を理解し、正しい予防を行うことで虫歯を防ぎ、健康な歯を子どものうちから手に入れましょう。

まず、子どもが虫歯になりやすいと言われるその原因についてお話しします。

大人から虫歯菌がうつる

「ミュータンス菌」と呼ばれる虫歯菌が口腔内に入ることで虫歯になります。
そもそも生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には虫歯菌は存在しません。
親と同じコップや箸、スプーンなどの食器を使うことで、虫歯菌がうつってしまいます。
また、口にキスをしたり、食べ物を柔らかく噛んで食べさせてあげるのも虫歯菌をうつす原因となります。

虫歯になりやすいものを食べている

糖分は虫歯菌の大好物です。したがって、糖分の量が多いものは当然虫歯になりやすいでしょう。

子どもが喜ぶチョコレートやクッキーなどのお菓子には多くの糖分が含まれています。
この糖分を栄養として、虫歯菌は歯を侵食していきます。
また、お菓子だけでなく、子どもの好むスポーツドリンクやジュースなどの清涼飲料水にも多くの糖分が含まれています。

おやつをだらだらと食べている

虫歯とは、糖分を栄養に、酸が歯の表面のエナメル質を溶かすことによって生じます。
そのため、なるべく口の中に糖分がいる時間を短くしなければなりません。
しかし、だらだらとお菓子を食べていると必然的に糖分が口の中に滞在している時間が長くなるため、虫歯のリスクが高まります。

自分でしっかり歯を磨けない

歯磨きを嫌がる、面倒くさがるお子さんは多いですよね。
子どもは口腔ケアや健康な歯の大切さをまだ知りません。
したがって、「歯磨き=口腔内を触られる嫌なこと」や、「遊びを中断してまでやりたくない」などと思っているお子さんも多いと思います。

「歯磨きしなさい」と言われたから、歯磨きをしないと怒られるからという理由で歯磨きをしていると、どうしても雑な歯磨きになってしまいます。

以上のような原因が重なり、子どもは虫歯になりやすいと言われています。
それでは、どのような対策をすれば虫歯のリスクを減らせるのでしょうか。

子どもの虫歯予防

大人と子どもで食器を分ける

お箸やスプーンなどの食器は、必ず大人用と子ども用で分けるように心がけましょう。
お皿のような直接口が触れないものについても、同じものを使わないようにすることが大切です。

お母さんだけでなく家族全員がしっかりと理解し共有することも重要となります。
お父さんや祖父母、兄弟などから感染する可能性もあるので、家族全員で虫歯予防に努めていきましょう。

また、大人の口の中に虫歯菌がたくさんいるとそれだけリスクもあがります。
まわりの大人たちもしっかり虫歯の治療を行い、大切なお子さんの健康な歯を守りましょう。

糖分の多いおやつを避ける

子どもにあげるおやつの選び方も重要なポイントとなります。
子どもが喜ぶからと言ってチョコレートやクッキーなど、甘く糖分の多いものばかりではなく、おにぎりや野菜など比較的糖分が少ないものをおやつにすると良いでしょう。
また、砂糖不使用のクッキーやビスケットなどもあるので、それらも活用していきましょう。

どうしても甘いものを食べたがる場合は、ゼリーやアイスなどの歯につきにくく、短時間で食べ終わるものをあげるようにすると良いでしょう。
飲み物についても同様にスポーツドリンクやジュースなどの清涼飲料水でなく、麦茶など糖分の少ないものがおすすめです。

おやつの回数、時間を決める

子どもの虫歯予防には、おやつの種類だけでなく、回数や時間も大切な要素です。
前述した通り、口の中に糖分がある状態が長いほど虫歯になるリスクは上がります。
だらだらとおやつを食べさせるのでなく、1日の中で回数と時間を決めるようにしましょう。

歯磨きの習慣をつける

歯磨きも子どもの虫歯予防の重要な対策です。おやつの後にもしっかりと歯磨きをする習慣をつけましょう。

また、出来るだけ食後すぐに歯磨きをすることで、口の中に食べカスが残っている状態を少しでも短くするよう心がけることが大切です。
外出先で歯磨きが難しい場合は口をゆすいだり、うがいをするだけでも効果的です。

また、仕上げ磨きもとても大切です。
お子さん自身で歯磨きをすることも大切ですが、磨き残しがないように仕上げ磨きをしてあげるようにしましょう。
小学生くらいになるとひとりで磨けるようになり、仕上げ磨きをやめてしまいがちですが、まだまだブラッシングが不十分であることが多く、仕上げ磨きで歯をチェックすることで虫歯の早期発見や歯並びの確認もできます。ですので、お子さんが嫌がらないようでしたら、小学生のうちは仕上げ磨きをすると虫歯予防にさらに効果的です。

まとめ

いかがでしたか?子どもの虫歯予防について、子どもが虫歯になりやすい原因とその対策について解説をしてきました。
ここで挙げた対策は簡単にできることばかりなので、すぐに実践してみましょう。

小さい頃から歯磨きなどの口腔ケアの習慣を身につけることで、口腔内の状態を整える癖がつきます。口腔内の健康は健康寿命にも大きく関わってきます。大切なお子さんの未来のためにも、しっかりと虫歯予防をしましょう。

   

こんなお悩みはありませんか?

悪いところを治したい方

歯が痛い・しみる

歯肉が痛い・出血

歯がぐらつく

口臭が気になる

詰め物・被せものがとれた

歯が欠けた・抜けた

入れ歯が合わない

悪くならないように予防したい方

虫歯を防ぎたい

歯周病を防ぎたい

歯の摩耗・咬耗を防ぎたい

今よりももっと良くしたい

歯・歯肉の色が気になる

歯並びが気になる

肩・肩こりがする

初診専用WEB予約はこちら

PAGE TOP