お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

042-795-6718

   
     

虫歯を放置するとどんなリスクがありますか?|町田市小川の歯医者|高村歯科医院

         高村歯科医院
         高村歯科医院へのお問い合わせ:042-795-6718
           

虫歯を放置するとどんなリスクがありますか?

東京都町田市の歯医者さん、タカムラ歯科医院です。
今回のテーマは「虫歯を放置することで起こるリスク」について解説します。
虫歯を放置すると、思いもよらないリスクが発生することがあります。

虫歯を放置しても、いいことはひとつもありません。ここでは、虫歯を放置することで起こるさまざまな症状を解説していきます。

虫歯は自然治癒しない

虫歯が自然に治癒することはほぼありません。放置したら放置した分だけ、症状はどんどん進行していきます。治療の長期化や医療費の負担増加など、デメリットばかりです。
しかも、虫歯を放置するとそれらの炎症が引き金となり、命に関わるような症状を引き起こしてしまうかもしれません。そうなる前に虫歯を治療しましょう。

虫歯を放置してしまう原因

日々の忙しさもあり、歯に違和感を感じていても歯医者に通うことを億劫に感じてしまう方も多いようです。では、なぜ歯科医院の受診を躊躇してしまうのでしょうか。
もしかしたら、幼い頃に痛い治療を経験していて歯医者が怖い、歯を削る音を聞くのが嫌などといった苦手意識はありませんか?
今の歯科治療は、処置に伴う痛みをなるべく抑える工夫や、静脈内鎮静法などにより、治療への不安や恐怖心を緩和する方法もあります。治療について不安はそのままにせず、まずは診察の際によく歯科医師に相談して虫歯治療を開始しましょう。
また、小さなお子様の場合は幼少期から歯医者に慣れておき、歯医者は怖いところではないとインプットすることで、大人になってからの歯を守ることに繋がるかもしれません。

放置した虫歯から引き起こされる症状

強い痛み

初期の虫歯には、あまり痛みはありません。表面のエナメル質を侵食する程度の虫歯なら、冷たいものが少ししみる程度の違和感でしょう。象牙質まで侵食すると、しだいに痛みを感じます。さらに虫歯が進行し神経にまで侵食してしまうと、とても強い痛みを感じることになります。

口臭が強くなる

口臭の原因のほとんどは、口の中の細菌が原因です。
虫歯を放置することで、虫歯菌が硫化水素やメチルメルカプタンなどのガスを生み出し、不快な口臭になります。
また、虫歯を放置したことによる侵食で歯に穴が開いた状態だと、そこに食べかすや歯垢が入り込みます。それらの溜まった食べかすや歯垢が腐敗し、しだいに臭いを放つようになります。

歯の神経を失う

虫歯が進行し歯の神経にまで侵食すると、神経を抜かなければなりません。
歯の神経がある「歯髄」は、熱さ、冷たさ、痛さなどの感覚を知覚する役割があります。
歯髄には毛細血管も通っていて、歯髄の中の毛細血管が歯に栄養分を運ぶことで歯は割れにくく、強くなります。

このように歯髄は歯にとって、とても重要な役割をしています。
そして、「歯の神経を抜く」とよく言われるのは、歯髄ごと抜いてしまうことを言うのです。

そうすると痛みを感じなくなってしまうので、気付かないうちに虫歯が進行するなどの弊害が起こります。さらに、毛細血管がなくなったことによって歯に栄養が届かなくなり、しだいに歯がもろくなってしまいます。
そのため、神経を取った歯の寿命は神経の通った歯の半分の寿命になると言われています。

歯を抜かなければいけない

虫歯が進行し、歯自体がボロボロになってしまうと、抜歯が必要になります。
もし、歯が抜けたままにしておくと歯並びが悪くなったり、嚙み合わせがうまくできないことで食事がし辛くなったりといったさまざまな弊害がでてきます。そのため、抜歯をした後には代わりの歯を入れなければなりません。
差し歯やブリッジ、インプラントなど抜けた歯を補う方法はたくさんありますが、やはり自分の歯があればそれが一番ではないでしょうか。

発熱や吐き気

虫歯が神経まで達し、歯髄が壊死してしまうと「歯髄壊死」という状態となります。壊死した状態からさらに放置すると、歯髄が腐敗していきます。やがて、細菌が歯根(歯の根っこ部分)に到達すると炎症を起こします。これらの炎症により強い痛みや腫れ、発熱や吐き気などの症状が起こることがあります。

大きな病気を招く

放置し歯髄にまで達してしまった虫歯から虫歯菌のミュータンス菌が侵入し、毛細血管から血流にのって全身にめぐり血管を詰まらせる「歯原性菌血症」と言われる病気があります。
これはミュータンス菌の一種が体の中の血管壁に付着し、血流を妨げてしまう病気です。
血管内で炎症が起こることにより、最終的に動脈硬化となり、血管が詰まってしまうのですが、この時付着する部位により発症する症状が異なります。
心臓で血管が詰まってしまうと「心筋梗塞」となり、また脳で詰まると「脳梗塞」といった症状となります。
つまり、虫歯から直接命に関わるような病気が発生することがあるのです。

まとめ

たかが虫歯だと放置し軽くみていたら、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わるような症状が発生する可能性があります。このような事態に陥らないために、歯に痛みを感じたらではなく、歯に違和感を感じた段階で早めに歯科医院を受診しましょう。また、虫歯にならないためにも毎日のケアは欠かさずに、予防歯科などで虫歯の予防・早期発見をすることも大切です。

   

こんなお悩みはありませんか?

悪いところを治したい方

歯が痛い・しみる

歯肉が痛い・出血

歯がぐらつく

口臭が気になる

詰め物・被せものがとれた

歯が欠けた・抜けた

入れ歯が合わない

悪くならないように予防したい方

虫歯を防ぎたい

歯周病を防ぎたい

歯の摩耗・咬耗を防ぎたい

今よりももっと良くしたい

歯・歯肉の色が気になる

歯並びが気になる

肩・肩こりがする

PAGE TOP