お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

042-795-6718

   
     

歯周病治療にはどのような方法がありますか?|町田市小川の歯医者|高村歯科医院

         高村歯科医院
         高村歯科医院へのお問い合わせ:042-795-6718
           

歯周病治療にはどのような方法がありますか?

東京都町田市の歯医者さん、タカムラ歯科医院です。
今回のテーマは「歯周病治療の方法」です。
歯周病治療の基本は、歯石の除去とプラークコントロールになります。

とは言え、プラークコントロールは患者さん自身が行うものですし、
歯石の除去も歯のクリーニングの類であり、治療らしい治療のイメージがないかもしれません。
そこで、ここでは歯周病治療として現在導入されている治療方法を解説します。

歯周内科治療

薬を服用して歯周病を治す方法です。「薬を飲んで歯周病を治す」の発想は意外に思うかもしれませんが、
歯周病は細菌による感染症であり、その点だけに注目すれば風邪に似た特徴があります。
ですから、風邪薬と同じで薬の力で歯周病を治すことは、実際にはそれほど特殊な発想ではないのです。
歯周病も風邪と同じ感染症…それなら風邪同様に薬で治せるのではないかというのが発想の原点。
デジタルパノラマレントゲン、顕微鏡などを使用して患部の細菌の状態を確認して、
薬を服用することで口の中を一切傷つけることなく歯周病を治せます。

<歯周内科治療の問題点>
まず、そもそもこの治療方法を採用している歯科医院が少ないのが最大の欠点で、
歯周内科治療を希望するならそれに対応できる歯科医院を探さなければなりません。
また、風邪のように治ったら終わりではなく、治療後は再発防止のための検診の受診が必要です。

PDT治療

光力学療法と呼ばれる最新のバイオテクノロジー治療です。
光感受性物質を投与した上で光を照射、レーザーなどによる方法で薬理作用を得る方法です。
最も、この方法は肺がんなどの治療において既に応用されています。

流れとしてはまず歯周ポケットにバイオジェルを注入、そしてレーザー光を照射して光殺菌します。
大きな治療に思えますが、手順自体は「バイオジェル注入→レーザー照射」のみで歯周病菌を破壊可能です。
もちろん、痛みや腫れが起こることなく歯周病を治療できます。

<PDT治療の欠点>
PDT治療の欠点は、やはりこの治療に対応した歯科医院が少ないことでしょう。
また、PDT治療を行う場合は歯周病の基本治療が終わり、症状が安定していることが前提です。
そのため、まずは従来の歯周病治療をある程度まで進める必要があります。

骨の再生療法

歯周病が進行すると歯槽骨が溶かされますが、溶かされた歯槽骨を再生させるのが骨の再生療法です。
骨の再生療法は現状GTR法とエムドゲイン法の2つの方法が存在するため、それぞれ解説していきます。

GTR法

失った骨を再生できるという点から、新しい治療のイメージがあるかもしれません。
しかし、実際にGTR法が誕生したのは1980年代ですから、実は歴史のある治療方法です。
骨を失った箇所に医療用のゴアテックスの皮膜を設置、これによって骨の再生を促します。

<GTR法の欠点>
GTR法は日本人に対して行うのは難しいとされており、これは日本人の歯肉が薄いのが理由です。
歯肉の下にゴアテックスの膜を挟んで縫合しますが、
歯肉が薄い日本人に施術すると術後に皮膜が露出しやすく、実際にそうなってしまったケースがあります。

エムドゲイン法

エムドゲイン法のエムドゲインとは、スウェーデンの特定の豚の歯の芽から抽出できるタンパクの一種です。
まず歯肉を切開して、患部にエムドゲインを塗布した後再び縫合します。
そうすると歯が生えてくる時と同じ環境を作り出せるため、周囲に骨を呼び込んで再生できるのです。

<エムドゲイン法の欠点>
これはGTR法にも言えることですが、やはりこの治療方法も対応できる歯科医院が少ないのが欠点です。
また、GTR法に比べて手術の難易度が下がる点はメリットになりますが、
一方で対応できる症例はGTR法に比べて少なく、状態次第ではエムドゲイン法を行うのは不可能です。

※骨の再生療法は歯周病によって失われた歯槽骨を再生させるのが目的の治療です。
そのため、GTR法とエムドゲイン法は歯周病そのものを治すための治療ではありません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病治療の方法についてまとめます。

1.歯周内科治療:薬を服用して歯周病を治す方法。治療後は再発防止のために定期的な検診が必要
2.PDT治療:レーザーを使用する光力学療法。施術の前提として歯周病の基本治療を終えていること
3.骨の再生療法:GTR法とエムドゲイン法。これらは歯周病そのものを治療するものではない

これら3つのことから、歯周病治療の方法について分かります。
歯周病を治すための基本は口の中を清潔にすることであり、
そのため歯石の除去とプラークコントロールが治療の基本となっています。

最も、治療方法を挙げれば他の治療方法も存在しています。
薬の服用で治す歯周内科治療、レーザーを使って歯周病菌を排除するPDT治療、
さらには歯周病の進行で溶かされた骨の再生を促すGTR法、エムドゲイン法などが挙げられます。

   

こんなお悩みはありませんか?

悪いところを治したい方

歯が痛い・しみる

歯肉が痛い・出血

歯がぐらつく

口臭が気になる

詰め物・被せものがとれた

歯が欠けた・抜けた

入れ歯が合わない

悪くならないように予防したい方

虫歯を防ぎたい

歯周病を防ぎたい

歯の摩耗・咬耗を防ぎたい

今よりももっと良くしたい

歯・歯肉の色が気になる

歯並びが気になる

肩・肩こりがする

PAGE TOP