お問い合わせ・ご予約

初診予約

050-7302-5423

再診予約・その他

042-795-6718

   
     

虫歯と歯周病、どちらの治療を優先すべきですか?|町田市小川の歯医者|高村歯科医院

         高村歯科医院
         高村歯科医院へのお問い合わせ:042-795-6718
           

虫歯と歯周病、どちらの治療を優先すべきですか?

東京都町田市の歯医者さん、タカムラ歯科医院です。
今回のテーマは「虫歯と歯周病における治療の優先順位」です。
虫歯も歯周病も歯科医院での治療が必要ですが、それぞれ治療方法は異なります。

このため、虫歯と歯周病の両方が発症した場合、これらを同時に治療することはできず、
必然的に一方の治療をまずは優先する流れになるのです。
では、虫歯と歯周病ではどちらの治療を優先すべきなのでしょうか。

基本は歯周病の治療が優先

虫歯と歯周病の両方の治療が必要な場合、基本的には歯周病の治療が優先されます。
これは治療の精度の問題であり、治療を家の修理に置き換えて次のように例えると分かりやすいでしょう。

  • 虫歯は歯の病気であり、家の修理に例えるなら建物の修理に相当する
  • 歯周病は歯を支える骨の病気であり、家の修理に例えるなら土台の修理に相当する

土台がぬかるんで建物が壊れた家を修理する場合、建物の修理を優先することはなく、
なぜならぬかるんだ土台を修理しない限り、建物の修理を安定して行えないからです。
さて、虫歯と歯周病の両方の治療が必要な場合、歯周病の治療を優先するのはこれと同じ理由です。

歯周病の治療は土台を安定させることに等しく、
そのため虫歯治療を優先すると不安定な状態で治療しなければならなくなります。
そうなると治療の精度が落ちるため、まずは歯周病治療を行って土台を安定させ、その後に虫歯を治療します。

虫歯の治療の優先も可能

そもそも、治療の目的は病気を治すだけでなく、患者さんの身体の負担を取り除くことも大切です。
このため、虫歯の状態次第ではその治療…つまり、虫歯治療が優先されることもあります。

  • 虫歯が神経まで進行している
  • 歯周病に比べて虫歯の方が重症化している

神経まで虫歯が進行していれば、患者さんはズキズキとした激痛に苦しめられていますし、
重症化した虫歯は放置すればやがて歯を失うことになってしまうでしょう。
このような場合、患者さんの負担を解消するためにひとまず虫歯の治療を優先することもあるのです。

今回、歯周病の治療を優先すると説明しましたが、正直これは知識として覚えておく必要はありません。
実際に両方の治療が必要になった場合、虫歯の痛みが辛ければ我慢せずにその旨を歯科医に伝えましょう。
あくまで状態次第なので断言まではできませんが、相談次第で虫歯の治療の優先も可能です。

虫歯治療を優先した時に起こる問題

仮に歯周病の治療を無視して虫歯の治療を優先した場合、次の問題が起こる危険性があります。

人工物に血液が混入する

歯周病になると歯肉から出血しやすくなり、それが虫歯の治療にも影響します。
虫歯の治療では最終的に詰め物や被せ物などの人工物で処置しますが、
歯肉から出血すると血液が人工物に混ざってしまい、人工物の接着が弱まるなどの問題が起こります。

虫歯の治療の精度が落ちる

これは上記の説明を重複する部分がありますね。虫歯の治療では歯を削るケースがありますが、
歯周病になっていると不安定な土台のごとく歯肉が揺れる状態になります。
そうなると歯が削りにくく、精度が落ちて頬などの粘膜を誤って傷つけてしまう問題が起こります。

被せ物の高さが合わなくなる

歯周病が進行すると歯肉退縮が起こり、歯肉の高さが全体的に下がるのですが、
虫歯の治療を優先して被せ物で処置した場合、そこで歯肉退縮が起こってしまうと問題です。
高さを合わせたはずの被せ物が歯肉退縮によって合わなくなると、歯の根が露出してしまいます。

治療による痛みの解消について

虫歯の治療を優先したい人は、おそらく痛みを早く解消したいと考えていると思います。
しかし、仮に虫歯の治療を優先したとしても、その痛みが解消されるとは限らないのです。

  • 歯肉退縮によって歯の根が露出したことで起こる知覚過敏
  • 歯槽骨が溶かされたことで起こる噛み合わせた時の痛み

どちらも痛みを感じる症状ですが、実はこれらは歯周病によって起こる痛みです。
つまり、「歯が痛む」だけではその原因が虫歯なのか歯周病なのかが判断できず、
もしかすると歯周病の進行によって痛みを感じているかもしれません。

そうなると虫歯を治療したところで痛みは解消されず、
このケースに限って言えば、基本どおり歯周病の治療を優先した方が早く痛みが解消されるのです。
このため、「虫歯の治療を優先する=痛みが解消」されるとは言い切れないのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯と歯周病における治療の優先順位についてまとめます。

1. 基本は歯周病の治療が優先 :虫歯治療を建物の修理、歯周病治療を土台の修理に例えるとよく分かる
2. 虫歯の治療の優先も可能 :虫歯の痛みによる負担が大きければ、状態次第で虫歯の治療の優先も可能
3. 虫歯治療を優先した時に起こる問題 :人工物に血液が混入する、虫歯の治療の精度が落ちるなど
4. 治療による痛みの解消について :歯周病によって痛みを感じている可能性もある

これら4つのことから、虫歯と歯周病における治療の優先順位について分かります。
歯肉に覆われていて確認できないものの、歯は骨に支えられて初めて安定しており、
その骨の病気である歯周病が発症した場合、虫歯よりも先に治療するのが基本です。
このことは虫歯の治療を建物の修理、歯周病の治療を土台の修理に例えると分かりやすいと思います。

   

こんなお悩みはありませんか?

悪いところを治したい方

歯が痛い・しみる

歯肉が痛い・出血

歯がぐらつく

口臭が気になる

詰め物・被せものがとれた

歯が欠けた・抜けた

入れ歯が合わない

悪くならないように予防したい方

虫歯を防ぎたい

歯周病を防ぎたい

歯の摩耗・咬耗を防ぎたい

今よりももっと良くしたい

歯・歯肉の色が気になる

歯並びが気になる

肩・肩こりがする

PAGE TOP