お問い合わせ・ご予約

初診予約

050-7302-5423

再診予約・その他

042-795-6718

   
     

歯科医院で定期検診を受ければ絶対に歯周病にならないですか?|町田市小川の歯医者|高村歯科医院

         高村歯科医院
         高村歯科医院へのお問い合わせ:042-795-6718
           

歯科医院で定期検診を受ければ絶対に歯周病にならないですか?

東京都町田市の歯医者さん、タカムラ歯科医院です。
今回のテーマは「定期検診を受ける意味」です。
歯科医院では、症状を治すためだけでなく予防するための治療も受けられます。

それが定期検診であり、定期的に検診を受けることで歯周病の予防効果は確実に高まるでしょう。
とは言え、定期検診を受けるからには当然通院が必要であり、それを手間に感じる人も少なくありません。
歯周病を予防する時、そんな手間をかけてまで定期検診を受ける意味はあるのでしょうか。

歯周病とは

歯周病とは「歯の周りの病気」と書くとおり歯を支える骨の病気であり、歯槽骨を溶かしてしまいます。
歯周病菌に感染すると、歯と歯肉の境目に歯周ポケットと呼ばれる溝ができ、
その溝に溜まった歯周病菌が繁殖して悪さをします。そして、歯周病は徐々に進行していくのです。

初期段階では歯肉に炎症が起こり、歯肉からの出血、歯肉の腫れや変色が起こります。
中期段階では歯槽骨が溶かされることで歯肉が退縮し、歯根が露出して知覚過敏が起こります。
重度段階では歯槽骨は相当溶かされているため歯が動くようになり、やがては抜け落ちてしまいます。

定期検診による予防効果

歯周病は歯周病菌に感染することで起こりますが、その歯周病菌はプラークに含まれています。
ですからプラークの除去が歯周病予防の基本になり、その点では虫歯予防と同じことが言えるでしょう。
定期検診では歯のクリーニングやブラッシング指導を受けられ、プラークの除去効果を高めることができます。

また歯周病は生活習慣病でもありますから、文字どおり生活習慣次第で発症のリスクは高くも低くもなります。
生活習慣病への対策としては生活習慣の改善が必要になりますが、
定期検診を受けることで何をどう改善すれば良いのか?…生活習慣改善の具体的なアドバイスを貰えます。

定期検診の受診で歯周病は予防できるのか

定期検診を受診すれば歯周病の予防効果は確実に高まるでしょう。
しかし、「100%絶対に予防できるのか?」と問われれば、それはイエスと答えることはできません。
また、次のことに該当してしまえば、予防効果が高まることへも期待できなくなってしまいます。

一度しか受診しない

定期検診は定期的に受診してこそ効果が発揮されます。
一度の受診ではその時に予防効果が高まるのは確かですが、あくまでそれは一時的なものでしかありません。
定期検診は6ヶ月に1回、それが無理なら1年に1回の頻度で受診するようにしてください。

ブラッシング指導や生活習慣改善のアドバイスを守っていない

ブラッシング指導は正しい歯磨きの仕方を学ぶためのもので、
生活習慣改善のアドバイスは生活習慣の改善ポイントを学ぶためのものです。
いずれも実行できなければ意味がなく、ただ学んだだけでは予防効果は一切得られません。

定期検診に頼りすぎる

歯周病予防の基本は、毎日の生活習慣と歯磨きを中心としたプラークコントロールです。
定期検診の受診は確かに歯周病の予防効果を高められますが、予防のメインではありません。
定期検診に頼りすぎてプラークコントロールを疎かにしていては、歯周病の予防は難しいでしょう。

定期検診による「早期発見」の効果

もちろん歯周病の予防は大切ですが、仮に発症しても初期段階で治療すれば大きな問題にはなりません。
しかし実際にはそれが難しく、なぜなら歯周病にはほとんど自覚症状がないからです。
ちなみに、初期段階の歯周病で起こる自覚症状には次のようなことが挙げられます。

  • 歯肉が腫れる、変色する
  • 口臭がする
  • 食事や歯磨きの時に歯肉から出血しやすくなる

…いずれも虫歯の痛みのような目立つ自覚症状ではなく、なおかつこれらの自覚症状に痛みはありません。
このため歯周病は発症しても気づきにくく、いつの間にか進行することから「静かなる病気」と呼ばれます。
つまり、歯周病は早期発見と早期治療が難しいのですが、その問題を解消できるのが定期検診の受診です。

定期検診では歯周病の発症の有無も確認するため、
本来なら自分では気づきにくい歯周病も発見して治療できます。
定期検診の受診には、歯周病の予防効果を高めるだけでなく発症時に早期発見できる効果もあるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、定期検診を受ける意味についてまとめます。

1. 歯周病とは :歯の骨の病気。進行すると、歯を支える歯槽骨が溶かされて歯が抜け落ちる
2. 定期検診による予防効果 :プラークを綺麗に除去でき、さらに歯磨きの技術も高まる
3. 定期検診の受診で歯周病は予防できるのか :100%の断言はできないが、予防効果は確実に高まる
4. 定期検診による「早期発見」の効果 :発症に気づきにくい歯周病を発見して早期治療できる

これら4つのことから、定期検診を受ける意味について分かります。
まとめると、定期検診を受けることで歯周病の予防効果が高まり、また歯周病の早期発見が可能です。
これは虫歯においても同様のことが言え、虫歯の予防効果の向上と早期発見ができるのです。
このため定期検診を受けるメリットは多く、歯を守るために定期的に受診してください。

   

こんなお悩みはありませんか?

悪いところを治したい方

歯が痛い・しみる

歯肉が痛い・出血

歯がぐらつく

口臭が気になる

詰め物・被せものがとれた

歯が欠けた・抜けた

入れ歯が合わない

悪くならないように予防したい方

虫歯を防ぎたい

歯周病を防ぎたい

歯の摩耗・咬耗を防ぎたい

今よりももっと良くしたい

歯・歯肉の色が気になる

歯並びが気になる

肩・肩こりがする

PAGE TOP