お問い合わせ・ご予約

初診予約

050-7302-5423

再診予約・その他

042-795-6718

   
     

歯周病の治療方法にはどんなものがありますか?|町田市小川の歯医者|高村歯科医院

         高村歯科医院
         高村歯科医院へのお問い合わせ:042-795-6718
           

歯周病の治療方法にはどんなものがありますか?

東京都町田市の歯医者さん、タカムラ歯科医院です。今回のテーマは「歯周病の治療方法」です。歯周病の治療方法は、虫歯のそれと比べて知らない方が多いと思います。

事実、「歯周病はどうやって治すの?」と疑問に思っている方も多いでしょう。歯周病の治療方法は一定ではなく、症状…つまり歯周病の進行度によって異なります。そこで、ここでは歯周病における治療方法の数々をお伝えします。

歯周病の治療方法

歯周病の治療方法は、種類として次の3つに大きく分けることができます。

・基本治療
・歯周外科治療
・最新治療

基本治療は「基本」の名が示すとおり、歯周病の進行度関係なく必要な治療です。歯周病が進行しているとこの基本治療だけでは治せないため、必要であれば歯周外科治療を行います。歯周外科治療とは外科手術であり、正確には歯肉を切開する手術を意味します。

そして最新治療…いわばこれは歯周病の最先端の治療方法であり、一般的なものではありません。このため対応している歯科医院は少ないですし、最低限以上の治療となるため健康保険が適用されないものも多いでしょう。

基本治療について

歯周病治療の基本は、お口の中を清潔にすることです。ですから基本治療ではプラークや歯石の除去、さらには歯周病の進行を防ぐための生活習慣指導を行います。初期段階の歯周病であれば、基本治療のみで治すことが可能です。

プラークコントロール

これは患者さん自身が行うもので、プラークを効率良く除去することが目的です。その方法のメインは歯磨きであり、デンタルフロスや歯間ブラシを使った精密な歯磨きが必要です。このプラークコントロールを継続して維持することで、歯周病は治っていきます。

スケーリング

プラークは一定時間経過すると石灰化して歯石に変化します。そして歯石になると歯磨きでは除去できないため、プラークコントロールの効果も半減します。そこで専用の器具を使用して歯石を除去するのがスケーリングです。

生活習慣改善のアドバイス

歯周病は生活習慣病であり、日常生活の過ごし方によっては歯周病が進行してしまいます。そこで患者さんの生活習慣を歯科医がヒアリングして、改善すべき部分を伝えます。例えばタバコを吸っている方は歯周病が進行しやすく、食生活の改善も重要なポイントです。

ディープスケーリング

歯周病になって歯周ポケットの溝が深くなると、そこに歯石が溜まることがあります。その場合は医療器具、または超音波の振動によって歯石を除去します。これがディープスケーリングですが、歯周ポケットの溝が深すぎる場合は対応できません。

ブラッシング指導

いわゆる歯磨きの仕方の指導で、プラークコントロールを高める効果があります。患者さんの歯並びに合わせた歯の磨き方、歯ブラシのチョイスなど、歯磨き全般に関係して指導を行い、歯磨きの技術の向上につながります。

歯周外科治療について

歯周外科手術は、基本治療だけで歯周病を治せない場合に行います。このため初期段階の歯周病で行うことはなく、中期段階以降まで歯周病が進行している場合に行います。また、歯周病治療において必須でないものもあり、それについてもあわせて説明します。

フラップ手術

歯周病が進行すると歯周ポケットの溝が深くなり、歯周ポケットに溜まっている細菌が外側から除去できなくなります。その場合はフラップ手術によって歯肉を切開し、歯根を露出させた状態で歯周ポケットを綺麗にします。

骨の再生治療

これは歯周病治療おいて必須ではなく、あくまで希望する患者さんが受けられる自由診療です。歯周病の進行によって溶かされた歯槽骨の再生を促す治療ですが、完全に元どおりになるというわけではなく、対応できる症例には限りがあります。

最新治療について

歯周病の新しい治療方法で、対応している歯科医院は僅かです。治療方法によっては未知の部分があり、治療効果の信憑性を問われているものもありますし、治療におけるデメリットもあるため、まだ一般的な治療方法とは言えません。

レーザー治療

歯周ポケットの溝に溜まったプラークや歯石を、レーザーの光や熱によって除去します。医療器具で届かない箇所に対応できるのはメリットですが、一方で歯周病治療としての効果は科学的根拠に乏しいとされており、現状では賛否両論の治療方法です。

抗生物質

ジスロマックと呼ばれる抗生物質によって歯周病の原因菌を駆除します。歯石を除去してプラークの中に含まれる細菌も死滅させる効果がありますが、抗生物質であることから身体にプラスとなる細菌まで駆除してしまうのが欠点です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病の治療方法についてまとめます。

1. 歯周病の治療方法 :基本治療、歯周外科治療、最新治療の3つに分けることができる
2. 基本治療について :プラークコントロール、スケーリング、ディープスケーリングなど
3. 歯周外科治療について :フラップ手術、骨の再生治療(歯周病治療が目的ではない)
4. 最新治療について :レーザー治療、抗生物質

これら4つのことから、歯周病の治療方法について分かります。ズラリと挙げましたが、一般的な治療方法は基本治療のみであり、中期段階以降まで進行してしまった場合は歯周外科治療も行います。また、忘れてはならないのが治療後のメンテナンスも歯周病再発を防ぐための大切な治療です。

   

こんなお悩みはありませんか?

悪いところを治したい方

歯が痛い・しみる

歯肉が痛い・出血

歯がぐらつく

口臭が気になる

詰め物・被せものがとれた

歯が欠けた・抜けた

入れ歯が合わない

悪くならないように予防したい方

虫歯を防ぎたい

歯周病を防ぎたい

歯の摩耗・咬耗を防ぎたい

今よりももっと良くしたい

歯・歯肉の色が気になる

歯並びが気になる

肩・肩こりがする

PAGE TOP