お問い合わせ・ご予約

初診予約

050-7302-5423

再診予約・その他

042-795-6718

Q. 保険内の入れ歯は、なぜ合わないことが多いの?|町田市小川の高村歯科医院

高村歯科医院
高村歯科医院へのお問い合わせ:042-795-6718

Q. 保険内の入れ歯は、なぜ合わないことが多いの?

東京都町田市の歯医者さん、タカムラ歯科医院です。
今回のテーマは「保険の入れ歯が合わない理由」です。
保険の入れ歯を使用する人の多くが、入れ歯が合わないと感じた経験を持っています。

確かに入れ歯は外れやすいですし咬合力も弱いため、天然の歯に比べて不安定なのは事実です。
しかし、入れ歯が合わない根本的な理由は保険の入れ歯を使用しているための可能性が高く、
ここでは保険の入れ歯が合わないことが多い理由を説明していきます。

保険の入れ歯の限界

保険の入れ歯では使用できる素材の材料が限られています。
一方口の中の状態は人によって様々で、歯肉の状態1つで言っても全く違います。
例えば歯肉の土手がほとんどない人だっているでしょう。

歯科医は患者さんの口の中の状態に合わせて入れ歯を調整しますが、限られた材料の中では限界があります。
つまり保険の入れ歯では患者さん一人ひとりにピッタリ合わせた入れ歯を製作するのは不可能で、
そのため保険の入れ歯が合わない人が多いのです。

入れ歯が合わないことで起こる問題

入れ歯が合わない時に最もやってはいけないのが、それに妥協してしまうことです。
合わない入れ歯を我慢して使用していると、ただ不自由なだけでなく以下の問題が起こります。

噛み合わせが悪くなる
合わない入れ歯を使用すれば当然噛み合わせが悪くなります。
そして、噛み合わせが悪いと頭痛や肩こりや腰痛などの体調不良を招きます。

顔の見た目が悪くなる
入れ歯が合わないと噛む力が弱くなるため、その影響で筋肉が弱くなります。
そして、表情筋や咀嚼筋が衰えることで顔にしわが増えて見た目が悪くなります。

残っている歯にダメージを与える
入れ歯が合わないと噛みにくくなり、そうなるとどうしても残っている天然の歯で噛もうとします。
残っている歯で常に噛んでしまえば、その歯に負担を掛けてダメージを与えます。

胃にダメージを与える
入れ歯が合わないと食べ物を上手に噛み砕けません。
このため「よく噛まずに食べる」状態に等しくなり、胃にダメージを与えます。

…入れ歯が合わないことはただ不自由になるだけでなく、これらの問題を招きます。
口の中だけでなく顔の見た目や身体の健康に害を与えてしまうのです。

自費の入れ歯のすすめ

保険の入れ歯が合わないことに悩む人には、自費の入れ歯をおすすめします。
自費の入れ歯はオーダーメイドですから、自分にピッタリ合った入れ歯を再現することが可能です。
また、自費の入れ歯にするメリットは「入れ歯が合う」だけではなく、他にも以下のようなメリットがあります。

審美性が高い
自費の入れ歯は人工の歯や歯肉の材料が豊富であり、使用できる形状や色の種類も多くなっています。
入れ歯の歯や歯肉が自分の歯や歯肉に限りなく近いものになります。
このため見た目の違和感がなく、むしろ美しいと言えるほどの審美性を誇ります。

食事を楽しめる
咬合力においては保険の入れ歯と変わりないものの、
自費の入れ歯は義歯床が分厚くなっていないため温度を感じやすくなっています。
このため保険の入れ歯に比べて食べ物の温度や味覚を感じやすくなり、より食生活が楽しめるようになります。

<自費の入れ歯のデメリット>
自費の入れ歯には保険の入れ歯にないメリットがありますが、同時にデメリットがあることも事実です。
治療後に後悔しないためにも、メリットだけでなくデメリットも把握しておきましょう。

費用が高い
自費の入れ歯の最大のデメリットが費用の高さです。
健康保険が適用されないため、保険の入れ歯に比べると費用は大幅に高くなります。

完成までに時間が掛かる
自費の入れ歯はオーダーメイドであり、製作の工程数も保険の入れ歯の倍以上になっています。
このため、保険の入れ歯に比べると完成までどうしても時間が掛かってしまうのです。

金属のバネについて

入れ歯には金属のバネがついているイメージがありますが、
実は自費の入れ歯には金属のバネがついていないものがあります。
これによって入れ歯だと分かりづらくなりますし、金属アレルギーの人でも安心して使用できます。

さらに、金属のバネを使用しないことで入れ歯に柔軟性が生まれて壊れにくくなりますし、
仕様上残っている歯に掛ける負担も小さくなります。
この金属のバネを使用しない点を理由に自費の入れ歯を希望する人も多くいます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、保険の入れ歯が合わない理由についてまとめます。

1. 保険の入れ歯の限界 :使用できる材料の種類が限られ、その人にピッタリ合う入れ歯が製作できない
2. 入れ歯が合わないことで起こる問題 :噛み合わせが悪くなる、顔の見た目が悪くなるなど
3. 自費の入れ歯のすすめ :オーダーメイドなので保険の入れ歯に比べてピッタリ合って違和感が小さい
4. 金属のバネについて :自費の入れ歯では金属のバネを使用していないものがある

これら4つのことから、保険の入れ歯が合わない理由について分かります。
時間と材料が限定された保険の入れ歯では、どうしても合わなくなってしまうことがあります。
しかしその反面費用が安い…これが保険の入れ歯の特徴です。
一方自費の入れ歯は費用が高いものの、その分違和感が小さく見た目も美しい特徴があるのです。
つまり快適さや審美性を重視する場合、費用が高くても自費の入れ歯にすることをおすすめします。

   

こんなお悩みはありませんか?

悪いところを治したい方

歯が痛い・しみる

歯肉が痛い・出血

歯がぐらつく

口臭が気になる

詰め物・被せものがとれた

歯が欠けた・抜けた

入れ歯が合わない

悪くならないように予防したい方

虫歯を防ぎたい

歯周病を防ぎたい

歯の摩耗・咬耗を防ぎたい

今よりももっと良くしたい

歯・歯肉の色が気になる

歯並びが気になる

肩・肩こりがする

PAGE TOP