お問い合わせ・ご予約

初診予約

050-7302-5423

再診予約・その他

042-795-6718

Q. 保険内の入れ歯で、金属のバネを使わない方法はある?|町田市小川の高村歯科医院

高村歯科医院
高村歯科医院へのお問い合わせ:042-795-6718

Q. 保険内の入れ歯で、金属のバネを使わない方法はある?

東京都町田市の歯医者さん、タカムラ歯科医院です。
今回のテーマは「金属のバネを使わない入れ歯」です。
入れ歯において誰もが気になるのは、金属のバネの存在です。

金属のバネが見えてしまうとそれが入れ歯だと分かってしまいますし、
特に金属アレルギーの人にとっては金属のバネがある時点で入れ歯がアレルギー対象になってしまいます。

さて、今回の質問は「保険の入れ歯で金属のバネを使わない方法はあるのか?」ですが、
残念ながら保険の入れ歯でそのタイプの入れ歯は存在しません。
しかし、保険が適用されない…すなわち自費の入れ歯なら金属のバネを使用しない入れ歯が存在します。

健康保険適用の基準

金属のバネを使用しない入れ歯は、言うまでもなく審美性が高くなっています。
ここで問題になるのが、健康保険適用の基準です。

健康保険適用の基準は、「健康目的における最低限の治療」と国で決められており、
健康目的の点で言えば入れ歯はそれに該当しますし、現に保険の入れ歯は存在します。

しかし、金属のバネを使用しないとなると「最低限の治療」という基準から外れてしまいます。
と言うのも審美目的がある以上、その入れ歯は「最低限の治療」に該当しないからです。

つまり、金属のバネを使用しないという時点で、その入れ歯は自費の入れ歯になるのです。

自費の入れ歯の特徴

患者さんが金属のバネを使用しない入れ歯を希望するのであれば、選択肢は自費の入れ歯です。
そこで、自費の入れ歯の特徴を保険の入れ歯と比較して以下にまとめてみます。

2-1. 材料と掛ける時間の違い
自費の入れ歯は材料にこだわるだけでなく、時間を掛けて丁寧に製作されます。
最も、これは保険の入れ歯の製作が適当だと言っているわけではありません。
保険適用の場合は費用が安いため、時間を掛けて材料にもこだわると歯科医院の赤字を招きます。
このため、どうしても時間を限定した上での製作になってしまうのです。

2-2. 歯の部分の違い
自費の入れ歯は歯の部分の種類が豊富に用意されており、色だけでなく形にもこだわっています。
そして、種類が豊富なことで患者さんの元の歯の色や形に合った人工の歯を再現できるのです。
これは審美性を高める要因になり、入れ歯の歯の部分の見た目が至って自然になります。
一方保険の入れ歯は選択できる種類が限られており、場合によっては目立って不自然になってしまいます。

2-3. 歯肉の部分の違い
歯の部分同様に、歯肉の部分の形態も自費の入れ歯では種類が豊富に用意されています。
さらにそれだけなく、患者さんの要望にも可能な限り応えることができるのが強みです。
これもまた審美性を高める要因であり、自然な歯肉の見た目を再現できるのです。
一方保険の入れ歯は種類に限りがあるため、機能性は問題ないにしても審美性が劣ります。

2-4. 義歯床の違い
自費の入れ歯は義歯床の素材に金属を選択でき、その場合薄い義歯床を再現できます。
これによって温度や味覚を感じやすくなり、食事を楽しむことができるのです。
一方保険の入れ歯は義歯床が割れやすいため、割れ防止のために分厚い仕上がりになっています。
このため温度や味覚を感じにくく、特に熱いものを口にする時には火傷の注意が必要です。

…このように、自費の入れ歯のメリットとなる特徴は金属のバネを使用しないことだけではありません。
審美性や機能性に優れた特徴を持っており、その点でも保険の入れ歯と大きな差があるのです。

審美性以外の金属のバネを使用しないメリット

金属のバネを使用しない入れ歯を希望する人は、審美性の高さをその理由としています。
しかし、金属のバネを使用しないメリットは他にもいくつかあります。

•薄くて軽くなる
自費の入れ歯は薄くて軽く、最小限の大きさで製作することが可能です

•残っている歯に負担を掛けない
金属のバネを使用しない入れ歯は、その仕様上残っている歯に掛ける負担が小さくてすみます。

•金属アレルギーが起こらない
「金属のバネを使用しない=金属を使用しない」となるため、金属アレルギーの人でも安心して使用できます。

•柔軟性がある
手で曲がるほど柔らかくなっており、柔軟性に長けているため壊れにくくなっています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、金属のバネを使わない入れ歯についてまとめます。

1. 健康保険適用の基準 :「健康目的における最低限の治療」のため、審美性を兼ねた入れ歯は適用外になる
2. 自費の入れ歯の特徴 :材料と掛ける時間、歯や歯肉の部分、義歯床に違いがある(詳細は本文参照)
3. 審美性以外の金属のバネを使用しないメリット :薄くて軽い、残っている歯に負担を掛けないなど

これら3つのことから、金属のバネを使わない入れ歯について分かります。
金属のバネを使わない入れ歯となると、選択肢はオーダーメイドの自費の入れ歯です。
この場合費用は高くなりますが、他の審美性や機能性においても優れた入れ歯が再現できます。
自費の入れ歯なら、保険の入れ歯では決して得られない満足感を得られるでしょう。

   

こんなお悩みはありませんか?

悪いところを治したい方

歯が痛い・しみる

歯肉が痛い・出血

歯がぐらつく

口臭が気になる

詰め物・被せものがとれた

歯が欠けた・抜けた

入れ歯が合わない

悪くならないように予防したい方

虫歯を防ぎたい

歯周病を防ぎたい

歯の摩耗・咬耗を防ぎたい

今よりももっと良くしたい

歯・歯肉の色が気になる

歯並びが気になる

肩・肩こりがする

PAGE TOP