お問い合わせ・ご予約

初診予約

050-7302-5423

再診予約・その他

042-795-6718

歯周病と虫歯の違いって何ですか?|町田市小川の高村歯科医院

高村歯科医院
高村歯科医院へのお問い合わせ:042-795-6718

歯周病と虫歯の違いって何ですか?

東京都町田市の歯医者さん、タカムラ歯科医院です。
今回のテーマは「歯周病と虫歯の違い」です。
歯科医院での治療が必要な病気の代表とも言えるのが、歯周病と虫歯です。

どちらもお口の中の病気な上、要因がプラークに潜む細菌という点から、歯周病と虫歯は予防方法が同じです。
しかし、歯周病と虫歯は全く別の病気です。では、この2つの病気は一体何が違うのでしょうか。
ここでは、歯周病と虫歯の違いについて説明していきます。

違い1. 発症の要因となる細菌

歯周病も虫歯も細菌に感染することで起こり、その細菌はプラークの中に存在しています。
しかし、歯周病や虫歯を発症させる細菌の種類はそれぞれ異なっており、
歯周病は歯周病菌、虫歯は虫歯菌によって引き起こされます。

このため、同じ予防方法ながらもどちらか一方だけ発症してしまうケースもあります。
歯磨きでプラークを除去し、その中に虫歯菌が存在していれば虫歯は予防できるでしょう。
しかし残ったプラークの中に歯周病菌が存在すれば、虫歯は予防できても歯周病には掛かってしまうからです。

違い2. 症状

そもそも歯周病は歯肉の病気ですし、虫歯は歯の病気です。
このため、発症した時に起こる症状は全く異なります。

歯周病の症状

歯肉が炎症を起こし、進行することで歯を支えている歯槽骨が溶かされていきます。
支えを失った歯はグラつくように、やがて抜け落ちてしまいます。
「歯周病で歯が抜ける」というのは、この歯周病の症状そのものが理由になっているのです。

虫歯の症状

虫歯菌の出す酸によって歯が溶かされ、進行することで歯に穴があきます。
進行度に比例して歯は深くなっていき、やがて象牙質や歯髄にまで達します。
放置し続けることで歯をボロボロにした後は血液にまで虫歯菌が入り込み、大きな病気を招くこともあります。

…こうした病気自体の症状の違いはもちろん、それによって起こる自覚症状も異なります。
歯周病の場合は自覚症状が少なく、初期段階では歯肉の腫れや変色が起こります。
しかし進行することで歯のグラつき、歯が長くなって見えるなどの分かりやすい自覚症状があります。

一方虫歯は痛みという分かりやすい自覚症状があります。
虫歯が進行するほど痛みは増し、歯髄まで進行すれば痛みは激痛に変化します。

違い3. 治療方法

歯周病の治療方法の基本は、お口のクリーニングとプラークコントロールです。
歯科医院で歯石や歯周ポケット内の清掃を行い、
自身でも歯磨きを中心としたプラークコントロールを行うことで治せます。
とは言え、進行している場合は容易には治らず、状態によって歯肉を切開するフラップ手術を行います。

一方虫歯は「歯を削って詰め物を入れる」が治療方法の基本です。
歯を削る範囲は虫歯が進行しているほど広くなるため、
治療において痛みを伴うと判断された場合は麻酔を使用します。
ちなみに進行度によっては神経の除去、根管を清掃・消毒する根管治療も行います。

違い4. 歯科医院選び

治療を受けるなら、腕の良い歯科医の元で受けたいと思うのが患者さんとして当然の心理です。
そこで重要になってくるのが歯科医院選びですが、
歯周病治療と虫歯治療においておすすめの歯科医院はイコールではありません。

なぜなら歯周病と虫歯とでは治療方法が全く異なるため、
虫歯治療に長けた歯科医が歯周病治療にも長けているとは限らないからです。
実際、歯周病治療においては専門医や認定医の資格制度があります。

また、虫歯治療においても歯科医院によっては無痛治療という方法を導入しています。
このため、虫歯治療の技術は普通でも歯周病治療に長けた歯科医院がありますし、
逆に虫歯治療の医療設備が充実しているからといって、歯周病の専門医が在籍しているとは限らないのです。

共通点について

歯周病と虫歯は別物ですが、何から何まで異なるというわけではありません。
冒頭で説明したように予防方法は同じですし、こうした共通点もあるのです。
そして、最大の共通点は歯周病も虫歯も最終的に歯を失う病気だということです。
つまりどちらも怖い病気であり、気付いた時にはいち早く治療を受けなければなりません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病と虫歯の違いについてまとめます。

違い1. 発症の要因となる細菌 :どちらもプラーク内に潜む細菌が要因だが、細菌自体の種類は異なる
違い2. 症状 :歯周病は歯を支える歯槽骨が溶かされ、虫歯は虫歯菌の出す酸で歯が溶かされる
違い3. 治療方法 :歯周病はお口のクリーニングとプラークコントロール、虫歯は患部を削るのが基本
違い4. 歯科医院選び :歯周病治療の腕が良い歯科医=虫歯治療の腕も良いとは限らない
共通点について :進行することで最終的に歯を失う点は同じ

これらのことから、歯周病と虫歯の違いが分かります。
特に歯周病は痛みがない点から軽視する人が多く、虫歯の方が怖いという意見が多めです。
しかし今回の説明から分かるとおり、歯周病も最終的に歯を失う怖い病気です。
このため、どちらの病気も徹底予防と早期治療を心掛けましょう。

PAGE TOP