お問い合わせ・ご予約

初診予約

050-7302-5423

再診予約・その他

042-795-6718

歯茎から血が出るのですが、どのような原因が考えられますか?|町田市小川の高村歯科医院

高村歯科医院
高村歯科医院へのお問い合わせ:042-795-6718

歯茎から血が出るのですが、どのような原因が考えられますか?

東京都町田市の歯医者さん、タカムラ歯科医院です。今回のテーマは「歯茎から血が出る原因」です。歯茎から出血した場合、その事態を軽く見てはいけません。

ちょっとした出血なら、何かのはずみで歯茎を傷つけてしまったのだろう…そう解釈してしまう人もいます。確かにその可能性もゼロではないですが、それよりも可能性が高いのは歯周病です。実際、歯茎から血が出る原因の90%以上が歯周病だと言われています。

なぜ歯周病になると歯茎から出血するのか

歯周病になると、歯磨きや食事の時に歯茎から出血するようになります。
これは歯周病によって歯茎が炎症を起こしているからで、元々歯茎には多くの毛細血管が存在しています。そして、その箇所に炎症が起こるとささいな刺激を加えただけで簡単に出血してしまうのです。

刺激を与えることで出血するため、何もしなければこの状態でも出血することはありません。しかし、歯磨きや食事は歯茎にとって刺激となるため、出血を招いてしまうのです。最初は歯茎の境目から出血するようになりますが、歯周病が進行することで歯茎の内側からも出血します。

歯茎から出血した場合の歯磨き

歯茎から出血すると歯磨きに抵抗を感じるかもしれません。しかし、例え出血があっても歯磨きしてください。歯周病が原因による歯茎からの出血は痛みがないため、歯磨きするのが辛いという状況にはなりません。何しろ歯周病を治すためにはプラークコントロールが必要ですから、毎日の歯磨きは欠かせないのです。

とは言え、何も考えずにゴシゴシ磨くだけでは出血が酷くなってしまう可能性があります。このため、歯周病になっている時の歯磨きは2つの点にこだわると良いでしょう。1つは刺激を弱めるために柔らかめの歯ブラシで磨くこと、もう1つは歯周病用の歯磨き粉を使用することです。

歯周病になった時の対処

対処として絶対に必要なのは、自分で何かをするのではなく歯科医院で治療を受けることです。
歯茎から出血した場合は初期段階の歯周病の可能性が高く、
この時点で治療を受ければそれほど大きな治療をすることなく治せます。

具体的には、歯科医院で歯石やプラークを除去するクリーニングを行い、
さらに自身での歯磨きを含めたプラークコントロールで治せます。
ちなみに初期段階の歯周病は歯肉炎とも呼ぶため、歯肉炎と診断された場合は歯周病だと捉えてください。

放置した場合はどうなるか

歯茎からの出血を無視して放置した場合、歯周病が進行してしまいます。
痛みがないことで無視する人もいますが、元々歯周病に虫歯のような痛みはありません。
つまり、痛くないからといって放置してしまうと歯周病がどんどん進行してしまうのです。

歯周病が進行するとやがて歯を支えている顎の骨が溶かされてしまい、歯がグラつくようになってきます。
そして最終的には歯が完全に支えを失うことで抜け落ちてしまうのです。
さらに歯周病が進行すれば大きな治療が必要となり、場合によっては歯茎の切開も必要です。

歯周病以外で考えられる原因

歯茎からの出血の原因は90%以上が歯周病ですから、ここでも歯周病前提で説明をしてきました。
ちなみに残り10%はどんな原因の可能性があるのか?…それについても触れていきます。
歯茎からの出血で歯周病以外に考えられる原因は以下のとおりになります。

歯磨きする力が強すぎる

歯を磨く力が強すぎることで歯茎から出血するケースもあります。
この場合は磨き方自体に問題があり、「強く磨く=綺麗になる」というわけではないと知っておきましょう。
ちなみに歯科医院の定期検診を受ければ、正しい歯の磨き方の指導を受けることができます。

喫煙

タバコを吸うことで毛細血管が収縮されるため、その結果血流が悪くなって歯茎が腫れやすくなります。
そして、この状態になると歯茎から出血しやすくなるのです。
また、喫煙自体歯周病になるリスクを高めるため、喫煙を続けていれば本当に歯周病になってしまいます。

歯ぎしり

歯ぎしりが酷いと歯が揺れることで歯茎に炎症を起こします。
そして歯周病同様、炎症を起こした歯茎は刺激によって出血しやすくなるのです。
歯ぎしりはクセの一種ですが、本格的に直そうとなるとマウスピースを使った治療が必要です。

…これら以外にも、糖尿病、ドライマウス、ホルモンバランスの変化などの可能性が考えられます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯茎から血が出る理由についてまとめます。

1. なぜ歯周病になると歯茎から出血するのか :歯茎が炎症を起こし、ささいな刺激で出血するようになる
2. 歯茎から出血した場合の歯磨き :歯磨き自体は必要なので、柔らかめの歯ブラシを使うなどの工夫をする
3. 歯周病になった時の対処 :歯科医院に行って治療を受ける。初期段階の歯周病なら簡単な治療で治せる
4. 放置した場合はどうなるか :歯周病が進行し、やがて歯がグラつく、抜け落ちるなどの症状が起きる
5. 歯周病以外で考えられる原因 :歯磨きする力が強すぎる、喫煙、歯ぎしりなど

これら5つのことから、歯茎から血が出る理由が分かります。
若い人の場合は、いくら歯茎から出血したと言っても歯周病であることは半信半疑に思えるかもしれません。
しかし歯周病は若くてもなりますし、初期段階の歯周病である歯肉炎は小学生でもなる病気です。
このため、歯茎から出血した場合は歯科医院に行って診察を受けてください。
例え歯周病でなかったとしても、出血する以上は何らかの問題があることに違いないのです。

PAGE TOP